自己処理での毛抜きの場合のリスクについて。

佐世保市で脱毛

 

無駄毛の悩みは大人も深刻ですが、無駄毛で悩んでいる小学生や中学生も多く可哀そうに思います。

 

私自身の妹が小学校の時に毛深い悩みでいつも毛抜きで抜いていました。親に見られると怒られるので隠れて抜いていましたが、痛い思いをしながらですから可哀そうでした。

 

しかし、今の親は理解があることや脱毛エステが広く知られるようになっているので、脱毛可能な年齢になると脱毛エステで受けさせる親も多いようです。

 

専門家の話によると、自己処理のリスクの中でも、毛抜きで抜く自己処理が一番避けたい無駄毛処理の方法だそうです。
という訳で佐世保市の方でも毛抜きで抜いてる人も多いと思います。

 

毛抜きで無理に抜くことで毛穴や皮膚に傷を付けるほか、傷ついた毛穴や皮膚で毛穴を塞ぐ、次に生えてくる毛が正常に表に出ることができずに下にもぐって他の場所から出てしまいます。あるいは同じ毛穴から2本出てくることもあります。

 

毛抜きで抜くのは、無駄毛を減らすつもりがかえって黒く濃い無駄毛にしてしまいます。
そうかといって、無駄毛をキレイにしないことには恥ずかしくて精神的にきついです。

 

可能な限りリスクを減らす毛抜きの使い方をご紹介します。まずは毛抜きを使う部分の皮膚を良く暖めて皮膚の表面を柔らかくしてから抜くことや、毛並みに逆らわないで抜くこと、そして、無理やり抜かないこと、抜いたあとは肌が乾燥しないように保湿をしっかりすることです。そして、2、3日は清潔を保ってください。

 

上記が毛抜きで抜くリスクを低くする方法ですが、しかし、限界があります。
おススメは佐世保市の脱毛エステで施術を受けることです。

 

無駄毛がキレイになること、肌もキレイになること、自己処理の心配がないこと、そして無駄毛処理の面倒さから解放されるなど、脱毛エステでの脱毛はこんなにも多くのメリットがあります。